福岡市、脳神経外科・神経内科、西江クリニック、頭痛・しびれ・めまいの診療

福岡市、脳神経外科・神経内科、西江クリニック

HOME

院長ご挨拶

脳神経外科・神経内科 西江クリニックの院長の西江英一郎です。

運悪く体の不調で御来院される患者様を医院スタッフ一同、暖かく誠意を持ってお迎えいたします。

当院で扱う症状は、頭痛、物忘れ、めまい、しびれ、ふるえ、しゃべりにくいなど多数ありますが、病気としては 、緊張型頭痛、片頭痛、頭部外傷、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、パーキンソン病、変形性脊椎症、 椎間板ヘルニア、末梢神経炎などが、比較的多く見られます。
これらを問診、診察、検査などをして、見分けていき、その病気にあった治療を行います。

中にはすぐ手術しなければならなかったり、入院治療しなければならなかったりする 病気が含まれますので、そのときは、患者様やご家族のご希望をお聞きし、最も適切と考えられる更に設備の整った 総合病院を御紹介します。

又、体がだるい、熱がある、胸や背中が痛い、肩がこる等、一見当院とは無関係と思われる症状から脳や脊髄の病気、 末梢神経の病気が見つかったりすることもあり、当院ではあらゆる症状を先入観を持たずに診ていきます。
他の科関連の病気が見つかったとき、可能性が高いときは、その科の専門医を紹介いたします。

脳梗塞や脳出血の予防には、高血圧や高脂血症、糖尿病など、生活習慣病の治療、予防がとても大切です。
他科の先生方と連携をとりながら、色々な病気の初期治療(プライマリーケア)にも力を入れたいと考えています のでよろしくお願い申し上げます。

院長経歴

昭和58年 九州大学医学部卒業
   九州大学第二外科、神経内科、脳神経外科、放射線科(神経放射線)にて研修。
昭和60年 九州労災病院脳神経外科勤務
昭和61年 九州大学大学院薬理学教室(栗山煕教授)にて血管平滑筋の収縮機構について研究。
   医学博士号取得。
平成元年 米国バージニア大学生理学教室にて血管平滑筋の収縮速度について研究(Somlyo教授)
平成4年 門司労災病院、九州大学病院、八幡製鉄病院、千鳥橋病院、浜の町病院、新古賀病院
   などにて脳神経外科臨床に従事。
平成12年 療養型病床群田中病院(前原市)にて高齢者慢性期医療に従事。
平成19年8月 脳神経外科・神経内科 西江クリニック開設。